Produce

Albo HELM  Digital art

impacでは2005年よりデジタルアート作家ALBO HELM 氏の、日本でのデジタルアート展覧会企画、開催をサポート、またWEBサイトの制作管理を行っています。

 

2005年より東京を中心に様々な形のexhibitionを企画開催。

2005年~2009年東京世田谷美術館・区民ギャラリーでのExhibition

2010年金沢21世紀美術館・市民ギャラリーでのExhibition

他多数。

2017年3月は2度目となる金沢21世紀美術館でのコラボレーション展示を予定。

 

2009  (株)空間概念研究所のロゴマークに採用

2011 (株)空研パートナーズのロゴマークに採用

2011  9月東京プロトシアターにて公演の 「riverbed sleeplessummer」のフライアーに提供(演劇のチラシとして大変注目を集め、アイキャッチャーとしてもアートのの大きさを再確認)

2012  特定非営利活動法人 日中交流推進機構 ロゴマークに採用

     チタンアーティスト 藤川哲也氏のウエブサイトに作品採用

2013  12月下北沢小劇場楽園にて公演の「呼吸」フライアーに提供

2014  作家 渡辺 鋼氏のウエブサイトに 作品採用

    フルートとギターのDou AMORoso 夏のコンサートDMに作品提供

2017  金沢21世紀美術館・市民ギャラリーにて ジョイントエキジビション開催

 

Albo HELMのデジタルアートはアートとしてばかりでなく会社ロゴマーク・WEBデザイン・広告媒体にもインパクトのある効果をもたらします。 

impac では HP制作用、本やCDカバー、演劇その他のチラシ、ポスターにアルボヘルムの作品を ご提供いたします

特に小劇団サポーターとして、印刷物等に低予算の劇団のご希望には ご相談に応じさせて頂きますので お気軽に 

下記メールにてお問い合わせください。

 

 

*2005年~2016年RIJ(国際難民支援会)の活動のひとつグリーティングカード制作に携わる。


「和円 WAEN」アーテイストのプラットフォームサイト

2016年、様々なジャンルのアーティストの情報発信プラットフォームとして「和円WAEN」を立ち上げました。作家のホームページへのアクセス向上、そこからの作品販売やご依頼等にお答えする場として活用。現在は5人の作家が参加されており、展示や販売広報活動の提案をし、国内外へ繋げる情報発信を目指します。

Albo HELM 

ポスター・DM・Website用画像 使用作品 一例